Outline

会社概要

社名
ザイオソフト株式会社
設立
1998年8月3日
本社
東京都港区三田一丁目4番28号 三田国際ビル 5階 MAP
URL
http://www.zio.co.jp/
資本金
7,055万円
代表取締役
茅野 秀介
事業内容
コンピューターソフトウェア・ハードウェアの開発、販売
加入団体
一般社団法人日本画像医療システム工業会(JIRA)
関係会社
Ziosoft USA Inc.(米国)
役員構成
  • 代表取締役社長 茅野 秀介
  • 取締役副社長 長田 剛
  • 取締役 飯野 将人
  • 取締役 Richard Tajak
  • 取締役 David Sachs
  • 執行役員 佐藤 雅彦
  • 監査役 森生 明
History

沿革

1998年 8月
株式会社ザイオソフトウェアを創業
1999年 7月
医用画像の高速3Dレンダンリングを汎用PCでの実用化に成功
→ 国産初の3D 医用画像処理ワークステーション「M900」販売開始
2001年 3月
独自開発の「VolumeGRID」技術により大容量ボリュームデータのネットワーク上での運用を実用化
→ 画像ネットワークシステム「ZIOBASE」1号機運用開始
2001年 9月
社団法人日本画像システム工業会(JIRA)に加入
2002年 2月
ザイオソフト株式会社に社名を変更
2002年 3月
マルチモダリティフュージョンや心臓解析、大腸解析など実用的なクリニカルアプリケーションを開発
→ 3D 医用画像処理ワークステーション「M900QUADRA」販売開始
2005年 1月
独自開発の「ZEEK Engine」技術により骨除去や血管抽出などの自動処理を実用化
→ 3D 医用画像処理ワークステーション「ザイオステーション」販売開始
2006年 1月
「ISO9001」「ISO13485」認証取得
2009年 3月
研究・教育に特化した3D 画像処理ソフトウェアの提供を開始
→ 3D DICOMビューワ「ZioTerm」サービス開始
2010年 9月
各種処理の自動化、高速化、機能的な解析を実現するクリニカルアプリケーションの拡充
→ 3D 医用画像処理ワークステーション「Ziostation2」販売開始
2013年 7月
本社を三田国際ビルに移転
2013年 11月
動態解析の可能性を拡げる独自開発の4次元画像解析技術「PhyZiodynamics」を実用化
→「PhyZio Maker」「PhyZio Maker Server」販売開始
2014年 9月
「ISO27001」認証取得
2015年 10月
ソフトウェア医療機器のダウンロード販売を開始
→ 3D 医用画像処理ソフトウェア「ZioCube」販売開始
トップに戻る