3D医用画像処理ワークステーションziostation2

CT解析オプション

CTの高精細画像を最大限に生かした高度な解析を身近にするCT解析ソフトウェア

CT冠動脈石灰化サブトラクション

CT 冠動脈石灰化サブトラクションは、CT で撮影された冠動脈の造影前後のシリーズをサブトラクションし、結果画像をVR とMIP で表示します。

CT冠動脈サブトラクション

CT冠動脈比較解析

CT 冠動脈石灰化サブトラクションで使用した冠動脈が造影された元画像データと、石灰化サブトラクション後のデータから、冠動脈を自動抽出し、MIP、CPR、ストレートCPR などの画像を比較表示します。※「CT 冠動脈比較解析」をご利用になるには、別途「CT 冠動脈石灰化サブトラクション」が必要です。

CT冠動脈サブトラクション

CT心筋血流解析

負荷時及び安静時の同位相の心筋データから左室心筋と冠動脈を自動抽出し、左室心筋血流をTransmural Perfusion Ratioとして評価します。

CT心筋血流解析

CT心筋ダイナミック血流解析

経時的にボリュームデータとして撮影された心臓の造影CTデータから心筋の血流状態を評価。血液量(BV)、血流量(BF)などを計測しマッピングします。

CT心筋ダイナミック血流解析

CT冠動脈支配領域解析

CTで撮影した冠動脈造影データを使用して冠動脈、心筋のマスクを作成し、セグメントごとに分割した心筋の体積を計測します。

CT冠動脈支配領域解析

EPプランニング

CTで撮影された心臓全体を含む造影データから左房と肺静脈を抽出し、VRやVEなどの画像を表示します。肺静脈のCT血管計測が可能です。

EPプランニング

TAVR術前プランニング

一つのフェーズにROI を描くと異なるフェーズにもROI が追従するDynamic ROI を使用し、心拍によって変化する弁輪を計測したり、弁輪面と冠動脈起始部の距離計測、下肢血管の血管径の計測など、経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVR) における術前のプランニングをサポートします。
最新バージョンでは、サーフェスレンダリング表示に対応したほか、弁輪面の自動抽出、 デバイスメーカーのプロクタリングシステムに準じた計測箇所やレポート機能等、TAVRにおける術前シミュレーションを効率的にサポートします。
※本解析には、PhyZio Maker Server によるデータの前処理が必要です

TAVR
TAVRレポート

CT冠動脈解析2
CT冠動脈バイパス術後解析

データを開くだけで冠動脈のAngio Graphic Viewをフルオート抽出します。ワンクリックでCPRやストレートビューを表示、また抽出した冠動脈の名称を自動的にラべリングします。ワイドモニタ対応レイアウトで直交CPR、ストレートビューを表示することで、必要な情報を一目で同時に観察できます。冠動脈上に存在するプラーク様の低吸収領域のボリュームを計測するパス上ボリューム計測機能搭載。
さらに最新バージョンでは、ザイオソフト独自の『RealiZe』により、抽出の難しかった完全閉塞病変でもワンクリックで末梢まで血管を認識できるようになりました。

CT冠動脈解析2 CT冠動脈バイパス術後解析

CT石灰化スコアリング

非造影の心臓データを用い、AgatstonスコアやVolumeスコアで冠動脈の石灰化を評価します。専用レポートを搭載。スコアリングのCSVエクスポートも可能です。

CT石灰化スコアリング

CT心機能解析2

複数フェーズから左室内膜側と外膜側を自動抽出。EF、EDV、ESV、SV、CIおよびESVI、EDVI、を算出。壁厚、壁厚変化率、壁運動などを示す7種類のBull's eye mapを表示。最大20フェーズに対応。

CT心機能解析2

CT右心機能解析

右室容量(RV)、右室駆出率(RVEF)など、右室の心機能をCT 心機能解析(左室機能)と同じ操作感で解析、左室機能と同時に表示も可能になります。

CT右心機能解析

CT/SPECT心臓フュージョン

SPECTの機能画像とCTの形態画像の特性を活かした融合画像で虚血の広がりと責任血管の関係を観察できます。CT心臓画像から冠動脈と左室心筋を自動抽出。CTとSPECTの画像位置合わせを行い、SPECTの機能情報をカラーマッピングし、フュージョン画像を作成します。Stress/Restを同時処理することでReversibilityおよびWashout Rateの評価も可能。ワンクリックでフュージョン画像を短時間で作成できるので日常の検査に無理なく組み込めます。 最新バージョンでは、SPECTのBull's eye map表示も同時表示可能になりました。

CT/SPECT心臓フュージョン

CT血流解析

経時的に同一断面を撮影したデータを利用し脳や体幹部の血流状態を評価します。解析法として、standard SVD(sSVD)、block-circulant SVD(bSVD)、Single Compartment法(SC)、Maximum Slope法、Peak Value Map、TMax,、Product Surface Map (PS Map)の各種の解析法を選択する事が可能です。それぞれの解析法から算出した血液量(BV)、血流量(BF)、TDCから算出した造影到達ピーク時間(TTP)、平均通過時間(MTT:1st Moment法)を計測し、マッピングします。

CT血流解析

CTボリューム血流解析

ボリュームデータとして経時的に同一断面を撮影した造影CTデータを利用し、脳や体幹部の血流状態を評価します。standard SVD(sSVD)、block circulant SVD(bSVD)、Single Compartment法(SC)、Maximum Slope法、Peak Value Map、TMax,、Product Surface Map (PS Map)の各種の解析法を選択する事が可能です。それぞれの解析法から算出した血液量(BV)、血流量(BF)、TDCから算出した造影到達ピーク時間(TTP)、平均通過時間(MTT:1st Moment法)を計測し、マッピングします。

CTボリューム血流解析

CTデンタル解析

CT画像からCurved MPRによるパノラマ画像とクロスカット画像を作成。実寸サイズ(半切、四つ切)のフィルム出力にも対応。
VRやMPR画像を確認しながら、任意の範囲のクロスカット画像のSC保存(シネ作成)が可能です。VR表示により、歯槽骨や埋伏歯などの形状を視覚的に把握しやすくなります。
ワークスペース保存に対応。ガイド機能搭載。

CTデンタル解析

CT肺切除解析

CTで撮影した肺全体を含む造影データから、気管支、肺動脈などのマスクを作成し、セグメントごとに分割した肺や抽出した腫瘍の体積を計測します。

CT肺野・気管支測定

CT結節解析

CTで撮影した胸部領域などのデータから領域を一点指定することで結節部位のボリュームを抽出し、体積や径を計測します。過去との画像を比較して、病変部の変化を経時的に観察することも可能です。

CT肺野・気管支測定

CT肺野・気管支測定

肺野領域のデータから気管支を自動抽出します。目的の気管支までのパスを1クリックで作成し、CPR、ストレートビュー、短軸像で気管支の壁厚を計測する気管支解析と、肺と肺気腫の面積・体積を計測できる低吸収領域ボリューム解析があり、COPD解析にも有用です。ガイドに従って操作するだけで、目的の画像を表示することができます。
最新バージョンでは、ゴダード法に基づく解析用レイアウト、また専用のレポートが追加されました。

CT肺野・気管支測定

CT肝臓体積測定

複数の位相データから非剛体位置あわせにより正確なレジストレーションを行い、肝臓の辺縁まで正確に抽出します。肝実質の体積評価や血管抽出、また最大8区域までの分割表示、各分割領域の体積計測、MPR、VR表示、肝臓切除領域の可視化及び計測、血管の支配領域推定などが可能です。またアシアロシンチグラフィー等との非剛体位置あわせもサポートし、フュージョン表示やサーフェスレンダリング表示に対応し、術前のシミュレーションに最適です。

CT肝臓体積測定

CT大腸解析

腸管を自動抽出し、歪みの少ない展開画像VGP(Virtual Gross Pathology)を表示します。VGPでは一度に腸管の広範囲を観察できます。リンク機能付き2体位比較表示で効率的な読影が可能です。MPRを重ね合わせた仮想内視鏡表示と広角表示をワンクリックで切替。残渣・残液を取り除くデジタルクレンジング機能搭載でCTの特性を生かした低侵襲な大腸検査をサポートします。最新バージョンでは、隆起した形状を強調表示するPhyZio Enhance フィルター機能が加わりました。

CT大腸解析

CT体脂肪測定

皮下脂肪と内臓脂肪の分布と面積、腹囲を測定します。ワンクリックで瞬時に計測できます。全脂肪、内臓脂肪、皮下脂肪の測定結果を数値表示。腹囲や内臓脂肪と皮下脂肪の面積比も表示します。

CT体脂肪測定

D.E.デコンポジション

Dual Source CTなどで撮影した異なる管電圧の2つのデータのヒストグラムを1つのグラフ上に表示します。グラフ上で任意のROIを設定することで、その領域に含まれるマスク情報を別ボリュームデータとして保存可能です。保存したマスクは3D解析などで使用できます。

D.E.デコンポジション

ページTOPに戻る