ZioCubeを用いて3D医用画像作成の基礎を学べるチュートリアルマニュアル


ZioCubeは、おかげさまで2015年10月に医療機器ソフトウェアとして発売してから2年が経過いたしました。
ご利用の皆様には心より感謝申し上げます。



このたび、ZioCubeご利用中の皆様からお問い合わせいただくことの多い操作方法について、画像種別にその作成方法をわかりやすくまとめたチュートリアルマニュアルを作成いたしました。基本的な作成方法から便利なTIPSやポイント等までご紹介しておりますので、ご購入されたばかりの方にもお使い慣れた方にも便利にお役立ていただける1冊になっております。

このたび、ZioCubeをご利用中の皆様に進呈させていただきます。
ご希望のお客様は、申し込みフォームに送付先等お客様情報を入力のうえ、お申し込みください。





ZioCubeで3D医用画像作成の基礎を学ぼう

3D 医用画像処理ソフトウェア ZioCube を用いて基本的な概念から目的に応じた3D 画像を作成する方法を解説したガイドブックです。
ザイオソフト社製品や医用画像処理ソフトウェアを初めてお使いになる方にもすぐにZioCubeをご利用いただけるよう目的別に手順を追ってわかりやすく3D 画像の作成方法や観察方法を解説しています。




CONTENTS

  1. 基本的な操作方法
    ZioCubeの起動と終了/データページ/2Dで開く/3Dで開く
  2. MPRの作成
    MPRの概念/頭部をMPRで表示する
  3. CPRの作成
    CPRの概念/冠動脈をCPRで表示する
  4. VRの作成
    VRの概念/閾値/オパシティの設定/レンダリング設定
    /マスク操作で腹部血管のVR画像を作成する
  5. MIPの作成
    MIPの概念/腹部血管のMIP画像を表示する
  6. VEの作成
    VEの概念/大腸の内腔をVEで表示する
表紙

1 基本的な概念もわかりやすい

各画像種の項の冒頭でそれぞれの画像種について概要をわかりやすく解説しています。

book_image_01

2 目的に合わせた画像作成手順もわかりやすい

ステップバイステップで画像と共に操作を説明しているので操作の手順通りに操作すると初心者の方でもカンタンに画像を作成することができます。

book_image_02

3 操作のポイントや便利なTIPSもわかりやすい

操作の上での補足的な事項や注意点などのポイント、また各項目や操作に関連したTIPSなども紹介しているので、ZioCubeを使い慣れた方にも便利に使っていただけます。

book_image_03

ZioCubeの主な機能

3D 表示(VR / MIP / MinIP / CPR / SUM / VE:仮想内視鏡)、2D 表示(Axial / Coronal / Sagittal / MPR)、
ダブルオブリークMPR、ページング、WL/WW 調整、拡大・縮小、回転、移動、各種計測(距離/角度/ ROI など)、
マーク機能、ワークスペース保存、レポート機能

製品ページへ



ご購入者限定!ご利用アンケートへのご回答で無償で進呈

ガイドブックご希望のお客様は、下記のアンケートフォームに必要事項をご記入のうえ、お申し込みください。
これから新規にお申し込みになるお客様は、ご購入お手続きの後、下記フォームにてお申し込みください。

本ガイドブックは数量限定の非売品になります。
そのため、ご購入いただいた製品ライセンス数に限りましてご送付させていただいております。
その旨ご了承くださいますようお願い申し上げます。


トップページへ