3D術前シミュレーションを
もっと身近にシンプルに。

肝臓解析

top > 肝臓解析

Feature of REVORAS

外科医の手術イメージを画像にする

症例に応じたリアルな術野のシミュレーション

外科医が思い描く症例に応じた切離イメージを、直感的な操作で作成することができます。
また、部分切除では単純な同心円のマージン設定だけではなく、ランドマークを意識した切離面をシミュレーション可能です。

自由な曲面での切離面の
シミュレーション
脈管の走行や支配領域を考慮した
部分切除のシミュレーション

術野の切離面を再現する表示機能

さまざまな表示調整機能により、術前にリアルな切離断面をシミュレーションすることが可能です。

切離脈管表示
肝実質透明度変更
切離脈管非表示

Feature of REVORAS

高精細な自動抽出

解析する医師の手間を軽減する早く正確な自動抽出

AI技術を駆使したREVORAS独自のアルゴリズムにより、
CT画像から脈管構造を高精度に自動抽出。
解析にかかる時間を大幅に削減します。

Feature of REVORAS

操作性を追求したユーザーインターフェース

操作をナビゲートするシンプルなユーザーインターフェースと
脈管編集機能などインテリジェントなさまざまな機能により、解析操作をサポートします。

脈管編集機能

講演動画

外科医が見たい画像を簡単につくる~ AI 新時代の肝胆膵3D 画像シミュレーション ~

座長:齋浦 明夫 先生(順天堂大学大学院 肝・胆・膵外科)
演者:阿部 雄太 先生(慶應義塾大学 一般・消化器外科)

※本講演は、2021年2月23日に開催された第32回日本肝胆膵外科学会学術集会/ザイオソフト株式会社ランチョンセミナーのアーカイブです。

視聴申込
トップに戻る