診療科別ガイド

Ziostation2 TIPS集

パスを作成して血管のCPRを観察しよう

CPR(Curved Planar Reconstruction:曲面多断面再構成)は、パスで作成した曲面を再構成し、平面に展開して表示します。蛇行した血管や曲面に沿った部位などの観察に有用です。

Ziostation2ではAxial、Coronal、Sagittalのいずれの断面からでも、またVRやMPRからでもCPRを作成することができます。今見ている断面や3D上でパスを指定するだけでCPR画像を表示します。さらに投影面をAxial、Coronal、Sagittalで指定するだけでなく、自由な方向に回転して投影することもできます。

How To

  1. 検査データを選択し、「3D解析」プロトコルで開き、画面右側のツールパレットの「CPR」タブをクリックしCPRパレットを表示します。

  2. CPRを表示したい血管上にパスを作成します。
    パレットの「パス作成」ボタンをクリックするとマウスカーソルの形が十字に変わります。2D(Axial、Coronal、またはSagittal)上でパスの始点をクリックし、画像をページングしながらコーナーごとにクリックしてアンカーポイントを追加していきます。

  3. パスの終点でダブルクリックします。
    パスを修正する場合は、クリックしたアンカーポイントを移動させて修正します。

  4. CPRパレットの「CPRで表示する」をクリックし観察します。
    CPRを回転するには:CPR画像上でドラッグします。
    CPRの厚みを調整するには:CPR画像下の厚みスライダで調整します。

ページTOPに戻る