会社案内

企業理念

比類なき開発体制で世界を目指す

ザイオソフトでは、創業から10年以上に渡り、次世代医用画像のためのソフトウェア作りに取り組んできました。

ソフトウェアプログラムを100%自社開発しているのは、コンピューターサイエンスの精鋭数十名からなる技術者集団。その開発体制へのこだわりが独創的なアイデアを生み出し、医療現場の要求に革新技術で応えることを可能にしています。

ザイオソフト製品は、すでに2500台以上が病院・医療施設に導入されているトップシェアの実績があり、日本の医用画像処理におけるマーケットリーダーとしてのポジションを確立。2011年には、Patrick Soon-Shiong, M.D.により新たに設立された、ヘルスケア、教育、科学、通信技術企業NantWorks LLCに参画し、グローバル企業としての一歩を踏み出しました。

 

100%自社開発、ザイオソフトの先端テクノロジー

ザイオソフトは次世代の医用画像のための技術をデザインしています。ボリュームデータを扱うことがデファクトスタンダードとなりつつある今、データをハンドリングするために必要なストレージ、配信技術、画像処理とビジュアライゼーションのシステムの最適化が極めて重要です。

1検査あたりのデータセットはわずか数年でMB単位からGB単位に拡大し、格納場所、複雑なクエリー条件の設定、ブロードバンド環境への対応とより高いパフォーマンスを必要としています。

従来3D画像処理は専用機のみで処理されていましたが、データの肥大化に伴い複数のユーザーが同時に利用する需要が高まっています。そのためには画像処理ワークステーションの機能をネットワークで共有する技術が必要です。それには機材の導入、設置環境の確保、ネットワークインフラの敷設など様々な問題が発生します。最低限の投資で、適切な設備を導入したいというユーザーの要望にこたえるため、ザイオソフトはバンド幅の問題を革新的ネットワークアーキテクチャで解決し、真にネットワーク化された画像処理ソリューションを開発しました。

私たちのソリューションは標準的なLAN環境とPCで高性能な3Dワークステーションの能力を利用できます。また、WEBブラウザのみで利用できるクライアント端末ソフトは、既存の設備に導入できるため新たな投資の必要がありません。

ザイオソフトの高速ネットワークはパッケージのほんの一部であり、最適化された画像ストレージサーバーと結びついています。ロードバランスの良い画像処理と強力な3Dアプリケーションは他に類を見ません。ザイオソフトは先進的な技術を使い物になる製品へ昇華させ、ヘルスケアの最前線をサポートいたします。

最先端の技術で社会に貢献したい

ザイオソフトは次世代の医用画像のための技術をデザインしています。

  • 異才を育て活用する
  • 先端的研究成果を社会に還元する
  • 現場の期待に独創で応える

私たちは、技術的に優れていること、そして進歩し続けることが最も優先されるべきと考えています。確かな技術こそ、新たな一歩を進める原動力になるのです。私たちはそうした才能と出会い、共に成長していきたいと考えています。

最先端の技術で社会に貢献したい

ページTOPに戻る